Preloader image

リサイクル&エコロジーで地球環境を守る 可茂衛生施設利用組合

可茂衛生ブログ

 

現在は、建物の荷重と地盤との支持力を強くするための「杭工事」が施工されています。

 

▽この大きな重機「3点式杭打ち機」、「クローラークレーン」の2台が搬入されました。

 あまりの大きさに分解して運搬され、現場で組み立てられ出番を待ちます。

 まずは「試験掘り」と「試験杭」を行います。

 予定深度まで掘削しながら土を採取していき、事前のボーリング調査結果と同じ土質であるかを照らし合わせ、掘削孔に杭を挿入して支持力などの確認と作業能率を判定します。

 

▽これが地中に埋められる「高強度コンクリート節杭」です。

 固い地盤に到達するまで何本も連結していき、1m間隔に付けられた節が地盤との摩擦力を大きくし、建物を支えてくれます。

 

▽こちらは「タイヤ洗浄機」です。

 現場内は泥だらけなので、工事車両の退出時に周辺道路に土砂やごみを落としていかないように、タイヤの両サイドと下から高圧スプレーで洗浄するものです。

 

 

 

現在は「造成工事」、「外構工事」、「防災工事」が施工されています。

 

▽北東からの風景です。

 全体的に土を敷き均し、工事の資材搬入車両が通行できるように鉄板を敷きました。

 

▽平場を最大限に活用するため、法面手前まで盛土をしていきますが、土の崩壊を防ぐ「L型擁壁」を並べていきます。

 

▽地山を削り取った面に「間知ブロック」を積み重ね、雨風などで崩落しないように掘削面を保護します。

 

▽こちらは「防災工事」です。

 地中に円筒状の穴をあけるボーリングを行い、そのボーリング孔に鉄筋を挿入しセメントミルクを充填して固めます。

 これを一定の間隔で何十本も施工して、地すべり対策として法面を安定させます。

 

以上、近況報告でした。

また随時報告していきますのでお楽しみに!

 

 

 

現在は「造成工事」といって敷地の盛土・切土・敷き均しなどを行っています。

 

北東からの風景です。

左奥に見える小高い丘の土を低いところに運んで、敷地を平らにしていきます。

 

現場では、いろいろな建設車両が働いています。

 

こちらは南西からの風景です。

 

北からの遠景です。

 

しばらくは「造成工事」が続きますが、また進捗状況を報告ますのでお楽しみに!

 

新火葬場整備工事が始まりました!

カテゴリ : 
ニュース
投稿者 : 
keiei  2017/11/28 14:07

平成31年4月の供用開始を目指し、いよいよ現場が動き出しました。

 

平成29年10月17日に『安全祈願祭』が行われ、建設工事の無事を祈願しました。

 

必要最小限の伐採~測量~造成工事へと進んでいきます。

 

これから随時、工事の進捗状況をブログで報告していきます!

 

 

7月30日(日)に夏休みイベント『ごみと遊ぼう』とそれに併せて行われた『リサイクル自転車無料抽選会』に

多数のご参加いただきましてありがとうございました。

 

今回のイベントでは、

 ①廃びんトンボ玉で作る風鈴

 ②ペットボトルで作るけん玉

 ③牛乳パックで作るフリスビー

を行いました。

自分で溶かして作ったトンボ玉と思い思いの絵を描いた廃びんを利用した風鈴やペットボトルで作ったけん玉

牛乳パックを使ったフリスビーなど大勢の方に楽しんでもらえてました。

 

8月14日(月)には『リサイクル自転車無料抽選会』を行いました。

このイベントは、大人気企画で今回も多くのご応募をいただきました。

 

 

次回、抽選会については広報紙『クリーン可茂』や当HPに掲載いたしますのでふるってご応募ください。

 

 

 

ブログ カレンダー

« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3

カテゴリ一覧

ブロガー一覧