Preloader image

リサイクル&エコロジーで地球環境を守る 可茂衛生施設利用組合

アーカイブ | RSS |
  
投稿日時: 2020-10-06 (52 ヒット)

 

食品ロスを減らそう                  

 

食品ロスの現状

 

 食品ロスとは、食べ残しや直接廃棄、過剰除去、売れ残りなど、本来食べられるのに処分

されてしまう食品のことです。日本では、2016年時点で食品廃棄物等※1が2,759万トン※2、

そのうち643万トンが食品ロスとして廃棄されています。その内訳は、事業系廃棄物由来が

約352万トン、家庭系廃棄物由来が約291万トンとなっています。

 食品ロスの約半分は家庭から、廃棄された食品ロスは年間一人当たり約51kg。これは、

お茶碗約1杯分(140g)の食べられるものを捨てている計算になります。

 

※1飼料等として有価で取引されるものや、脱水等による減量分を含む。

※2平成28年度推計(農林水産省・環境省)

 

 

ささゆりクリーンパークに搬入される可燃ごみ      

 

組成分析の結果から推計する搬入量について


令和元年度 可燃ごみ搬入状況                       【表-1】

 

組成

乾燥組成

(%)

A

固有水分

(%)

B

湿重量

C=A/((100-B)/100)

C

湿重量

(%)

D=C/Cの合計

搬入量(推計)

(t)

紙・布類 46.39 7 49.88 31 15,871.86
合成樹脂類 31.90 1 32.22 20 10,239.91
木・竹類 4.26 35 6.55 4 2,047.98
厨芥類※ 13.69 80 68.45 42 21,503.82
不燃物類 1.58 5 1.66 1 512.00
その他 2.18 50 4.36 2 1,02399
      163.12 100 51,199.56

 

※リサイクル対象廃プラスチックは合成樹脂類に合算しています。

※厨芥類 : 生ごみ

 

 ささゆりクリーンパークに搬入された可燃ごみは、毎月組成分析を行っています。この分

では、可燃ごみの乾燥組成%分析を行い、可燃ごみ中の紙・布類、合成樹脂類、木・竹類、

不燃物類、その他、リサイクル対象廃プラスチック、そして厨芥類(生ごみ)に分けられま

す。【表-1】令和元年度に搬入された可燃ごみの乾燥組成%の1年間の平均を、固有水分%

で割り戻した湿重量から、搬入された組成別ごみ量%(湿重量)を推計した結果、厨芥類

(湿重量)の割合は約42%と推計されました。

 この結果から、令和元年度にささゆりクリーンパークに搬入された可燃ごみ51,199.56t

のうち、約21,503.82tが生ごみと推計され、このうち約29%(生活系37%、事業系18%)

である6,305.19tが食品ロスと推計されます。

 

 

みんなでできる食品ロス削減の取組           

 

食品ロスについて知ろう

 

 平成30年度の調査の結果、食品ロス問題の認知度は74.5%であり、平成28年度調査から

9.1%上昇しました。また、食品ロスを減らすために自身で行っている取組では、60.7%が

「残さずに食べる」、以下「冷凍保存を活用する」「料理を作りすぎない」「賞味期限を過

ぎてもすぐ捨てるのではなく、自分で食べられるか判断する」と続いています。そして、生

活の中で「もったいない」を意識した場面では、55.7%が「期限切れ等で食べずに捨ててし

まうとき」、以下「レストラン等で他人の食べ残したものを見たとき」「自分又は自分の家

族が食べ残したものを見たとき」と続いています。

 まずは、食品ロスについて知ること、そして簡単なことからチャレンジしてみませんか。

 

※消費者庁「平成30年度消費者の意識に関する調査(食品ロスの認知度と取組状況等に関する調査)」

 

 

家庭ですぐにでもできる食品ロス削減にチャレンジ    

 

1.買物編

 ・事前に冷蔵庫内などをチェック、メモやスマホなどで撮影も有効

 ・買物は使う分だけ

 ・手前に陳列されている食品をチョイス

 

2.保存編

 ・保存方法に従って適切な場所に保存

 ・まとめて下処理、冷凍・冷蔵で光熱費も削減

 ・期限の長い食品を奥に、近い食品を手前に保存

 

3.調理編

 ・家に残っている食材から使う

 ・食べきれる量を作る

 ・食材を上手に調理エコクッキングにもチャレンジ

  (消費者庁 : 今日から実践!食品ロス削減参照)

 

 

 

 

投稿日時: 2020-09-28 (24 ヒット)

 

ささゆりクリーンパークでは、年に1度、施設の全設備を停止させ、電気設備の点検を行って

います。今年については、次の日程で点検を実施します。

 

【点検日】 令和2年11月7日(土) (予備日 11月8日)

 

この間、ささゆりクリーンパークへのごみの搬入が停止となるほか、エコサイクルプラザ(見

学施設)は閉館となります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

投稿日時: 2016-03-01 (4289 ヒット)

 

ささゆりクリーンパーク エコサイクルプラザ

〒509-0247 岐阜県可児市塩河839番地

 

 

公共交通機関を利用の場合
名鉄広見線 可児川駅 若しくは 西可児駅 下車、「電話で予約バス」

または、タクシーを利用

「電話で予約バス」を利用の場合

下記の「電話で予約バス」の利用方法に従い、ご利用ください。
停留所 「No 239 ささゆりクリーンパーク」下車

 

電話で予約バスの詳細はこちら

 

投稿日時: 2014-11-10 (1734 ヒット)

 

コチラの画像↓をクリックすると、掲載ブログが見られます♪

 

 

 

 

 

投稿日時: 2012-10-20 (2238 ヒット)


可茂衛生施設利用組合の紹介やお知らせ、イベント等の情報を掲載する「可茂衛生ブログ」を開設いたしました。
今までお伝え出来なかった情報や小さなニュースも含め、随時更新していきますので、ぜひご覧ください。


ブログアドレス   http://www.kamoeisei.jp/modules/d3blog/



 

投稿日時: 2012-02-19 (3406 ヒット)


ささゆりクリーンパーク可燃ごみ処理施設長寿命化計画を、平成24年2月に策定いたしました。
長寿命化計画は適切な補修等の整備を行い、設備・機器の更新周期の延命を図る計画です。
組合では本計画に基づき、平成24~28年度の5ヶ年間で二酸化炭素排出量の3%以上の削減を目標に設備改良を行います。



長寿命化計画書(1.34MB)

投稿日時: 2012-02-01 (3023 ヒット)

 

公共交通機関を利用の場合
名鉄広見線 可児川駅 若しくは 西可児駅 下車、「電話で予約バス」または、タクシーを利用

「電話で予約バス」を利用の場合

下記の「電話で予約バス」の利用方法に従い、ご利用ください。
停留所 「No 239 ささゆりクリーンパーク」下車

 

 電話で予約バスの詳細はこちら