Preloader image

リサイクル&エコロジーで地球環境を守る 可茂衛生施設利用組合

HOME  >  組合概要

組合概要

管理者のあいさつ

 

可茂衛生施設利用組合のホームページをご覧いただきありがとうございます。
可茂衛生施設利用組合管理者 可児市長の冨田 成輝(とみだ しげき)です。
当組合は、岐阜県の南東部に位置する 美濃加茂市、可児市、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町の二市七町一村で構成する一部事務組合です。
組合の業務としましては、ごみ処理・し尿処理・斎場運営を行っており、管内約23万人の住民の皆さまのために各施設の安全かつ適正に運営することを第一に、職員一同邁進しているところでございます。
今後、各施設の老朽化に伴い施設整備が必要となるため、運営のさらなる合理化が必要となってまいります。
また、地球温暖化等さまざまな環境問題が叫ばれている昨今、循環型社会の構築に向けて住民の皆さま、事業者、行政が一体となり取り組んでまいりますので、皆さまの温かいご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
                                                     

組合の概要

1.組合の構成市町村(2市7町1村)

  • 美濃加茂市、可児市、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町

2.共同処理事務

  • 一般廃棄物処理施設の設置及び管理運営

    斎場施設の設置及び管理運営(白川町、東白川村を除く)

3.組合事務局

  • 岐阜県可児市塩河839番地

4.施設及び所在地

  • ささゆりクリーンパーク(ごみ処理施設) 可児市塩河839番地
    ささゆりクリーンパーク「わくわく体験館」 可児市塩河1071番地4
    緑ヶ丘クリーンセンター(し尿処理施設) 美濃加茂市牧野1912番地2
    可茂聖苑(斎場) 美濃加茂市西町7丁目13番地

5.議会・執行機関等

  • 組合議会議員 定数 20名
    管理者 副管理者 会計管理者
    監査委員 定数 2名

6.経費

  • 市町村分担金 使用料 その他の収入

7.可茂管内市町村別の人口・世帯数(平成29年4月1日現在)

  • 市町村名 面積
    (ヘクタール)
    世帯数(世帯) 人口(人) 備考
    美濃加茂市 7,481 21,809 56,293  
    可児市 8,757 41,085 101,297 平成17年5月兼山町と合併
    坂祝町 1,287 3,205 8,156  
    富加町 1,682 1,907 5,700  
    川辺町 4,116 3,813 10,382  
    七宗町 9,047 1,452 3,988  
    八百津町 12,879 4,306 11,351  
    白川町 23,790 3,171 8,604  
    東白川村 8,709 851

    2,354

     
    御嵩町 5,669 7,233 18,557  
    合計 83,417 88,832 226,682  

    ※面積(平成28年10月1日現在)資料:国土地理院

例規集

沿革

  • 昭和35年6月 美濃加茂市、八百津町、川辺町、可児町、御嵩町
    の1市4町で組合設立
    昭和35・36年度 し尿処理施設(36kL/日)・ごみ処理施設(5t/日2炉)建設
    昭和38年7月 坂祝村の1村が組合加入
    昭和38年11月 兼山町の1町が組合加入
    昭和39年6月 白川町、富加村、七宗村、東白川村の1町3村が組合加入
    昭和40年度 し尿処理施設(15kL/日)増設
    昭和44年度 し尿処理施設(47kL/日)増設
    斎場施設新設(火葬炉5基、待合室、管理人室)
    昭和45年度 不燃物処理施設(金属圧縮機12t/日、ガラス破砕機)建設
    昭和46年度 ごみ焼却施設50t/日建設、旧炉廃止
    昭和49年度 し尿処理施設増設(100kL/日)第1プラント
    昭和51年度 し尿処理施設(36kL/日・15kL/日)撤去
    昭和52年度 し尿処理施設(100kL/日)増設
    昭和54年度 ごみ処理施設(100t/16h)増設、旧炉廃止
    昭和55年度 粗大ごみ処理施設(50t/5h)建設
    昭和56年度 ガラス処理施設(15t/5h)建設
    最終処分場建設(埋立容量19,738m3
    昭和58年度 斎場改築(火葬炉7基、汚物炉1基、待合棟)
    昭和63年度 し尿処理施設(47kL/日)撤去(100kL/日)増設
    平成3年度 一般廃棄物最終処分場
    (33,388m3、浸出水処理施設35m3/日)建設
    平成7年度 ささゆりクリーンパーク事業着手
    ごみ処理施設 焼却炉240t/日×3炉
    灰溶融炉30t/日×2炉
    リサイクルプラザ
    (缶・ビン類、不燃粗大・可燃粗大ごみ66t/5h)
    平成8年度 小動物(ペット類)焼却施設(動物炉1基60kg/1h)建設
    平成9年度 ささゆりクリーンパーク第1期最終処分場(埋立容量20,800m3)建設
    森林整備工事着手(整備面積70,000m2
    平成10年度 研修施設建設着手
    平成11年4月 ささゆりクリーンパーク運営開始
    平成12年9月 緑ヶ丘クリーンセンター可燃処理施設
    粗大ごみ処理施設撤去
    平成15年度 旧し尿処理施設(第1・第2プラント)撤去
    平成16年4月 新し尿処理施設「汚泥再生処理施設」運営開始
    平成17年5月 兼山町が可児市と合併(組合構成市町村2市7町1村)
    平成23年2月 可茂地域循環型社会形成推進地域計画 策定
    平成23年8月 ささゆりクリーンパーク 最終処分場 マスタープラン 作成
    平成23年8月 可茂衛生施設利用組合 経営計画【平成23年度~平成35年度】 策定
    平成24年2月 ささゆりクリーンパーク(可燃ごみ処理施設) 長寿命化計画書
    平成24年7月 ささゆりクリーンパーク可燃ごみ処理施設長寿命化工事 契約締結
    平成25年1月 ささゆりクリーンパーク第2期最終処分場整備工事 基本設計
    平成26年3月 ささゆりクリーンパーク第2期最終処分場整備工事 実施設計
    平成26年8月 ささゆりクリーンパーク第2期最終処分場整備工事 契約締結
    平成27年1月 美濃加茂都市計画変更の決定(新火葬場)
    平成27年3月 ささゆりクリーンパーク第2期最終処分場(埋立容量22,400m3)建設
    平成27年3月 可茂聖苑新火葬場基本計画 策定
    平成28年3月 し尿処理施設 第3プラント(100kL/日)廃止

平成29年度 組織図

  • 管  理  者 可児市長
    副 管 理 者 美濃加茂市長
    会計管理者 可児市会計管理者
    組 合 議 会 定数20人
    監 査 委 員 定数2人

  •  

一般会計予算の推移

単位:千円

                                                

     
歳入 H25 H26 H27 H28 H29
分担金及び
負担金

3,086,757

2,836,585

2,643,821

2,547,658

2,522,360

使用料及び
手数料
172,970 176,276 175,275 173,051 171,769
国庫支出金

62,500

154,669

110,660

108,000

 
組合債        

323,500

財産収入

604

526

577

757

757

繰入金

126,000

120,000

81,814

94,801

114,626

繰越金

54,100

51,625

4,000

4,000

4,000

諸収入

58,905

80,242

82,433

55,462

61,724

3,561,836

3,419,923

3,098,580

2,983,729

3,198,736

 

    

    

                                            

歳出 H25 H26 H27 H28 H29
議会費

114

112

144

94

94

総務費

186,435

180,559

178,764

180,284

501,576

衛生費
し尿処理費

400,665

399,549

401,238

338,059

332,903

可燃物

処理費
(長寿命化工事)

 

1,886,419

(376,026)

 

1,904,214

(386,442)

 

1,880,942

(343,833)

 

1,839,292

(325,815)

 

1,745,566

 

不燃物
処理費

235,731

238,870

228,207

220,550

223,214

公園管理費

15,491

15,483

15,108

15,450

16,025

研修館
管理費

48,935

57,900

59,357

57,784

55,398

最終処分場埋立施設第2期整備事業費

 

25,000

 

314,905

 

 

 

 

 

斎場管理費

78,256

90,330

116,819

114,216

105,959

衛生費小計

2,687,997

3,021,251

2,701,671

2,585,351

2,479,065

公債費

685,290

216,001

216,001

216,000

216,001

予備費

2,000

2,000

2,000

2,000

2,000

3,561,836

3,419,923

3,098,580

2,983,729

3,198,736

 

平成29年度 一般会計予算

 

施設概要

ささゆりクリーンパークについて

ささゆりクリーンパーク
所在地:岐阜県可児市塩河839番地 敷地面積:30ha
電  話:0574-65-4111
 

 詳しくはこちらをクリック!⇒ 【ささゆりクリーンパーク 総合パンフレット】(1.7MB)

1. エコサイクルプラザ

  ・可燃ごみ処理施設

詳しくはこちらをクリック! 【可燃ごみ処理施設パンフレット】(1.6MB)
キッズのみんなはこちら! 【キッズ パンフレット】(817KB)
焼却炉 全連続燃焼式ストーカ炉 240t/日(80t/日×3炉)
溶融炉 電気プラズマ式溶融炉  60t/日(30t/日×2炉)
余熱利用 発電(蒸気タービン:最大2,500kw)、場内給湯・冷暖房

 


プラットフォーム

中央制御室
 
ごみピット・ごみクレーン
 
蒸気タービン発電機

バグフィルタ

灰溶融炉

 
・リサイクル施設

詳しくはこちらをクリック! 【リサイクル施設パンフレット】(881KB)
キッズのみんなはこちら! 【キッズ パンフレット】(499KB)

 

種別 処理能力
破砕 32t/5h
ガラス 17t/5h
17t/5h

 


油圧式二軸低速回転破砕機

手選別装置

 
・啓発施設

不用となった自転車を修理再生する自転車修理室、ごみと環境を映像などで研修できるシアタースクエア、環境学習ゲーム、環境ラボラトリーなど

 


環境ラボラトリー

シアタースクエア

2. 最終処分場・浸出水処理施設

詳しくはこちらをクリック!⇒ 【最終処分場パンフレット】(899KB

               【第2期最終処分場パンフレット】(2.75MB)

埋立対象物 溶融スラグ
埋立容量

80,200m3

第1期:面積6,440m2  容積20,800m3

第2期:面積4,650m2  容積22,400m3

浸出水処理施設 浸出水を処理し中間処理施設に送水し再利用するクローズド方式

 

最終処分場全景

3. わくわく体験館

  • 詳しくはこちらをクリック!⇒ http://www.kaniwakuwaku.com
  • 宿泊施設(定員44名)・風呂・ガラス工房・体育館
  • ガラス工芸の体験、宿泊、入浴、運動施設として利用
     

 


体育館内部

洋室(4人用)

 

4. 遊林の森(森林公園)

詳しくはこちらをクリック!⇒ 【遊林(ユーリー)の森パンフレット】(532KB

  • 面積:65,000m2
    せせらぎ広場、展望台広場、ことりの広場、わんぱく広場、さくら広場等

    展望台広場

    さくら広場

 

緑ヶ丘クリーンセンターについて

緑ヶ丘クリーンセンター
所在地:美濃加茂市牧野1912番地2 敷地面積:26,135m2
電  話:0574-26-6101


詳しくはこちらをクリック! ⇒ 【汚泥再生処理施設 パンフレット】(1.0MB)

平成16年3月に施設の老朽化、環境基準値や周辺環境対策等の不適合化、また、循環型社会の実現へ向けたリサイクル推進の必要性から、汚泥再生処理施設(処理能力100kL/日)が竣工し、昭和63年度竣工の第3プラント(処理能力100kL/日)を平成28年3月に廃止しました。
また、処理過程で発生する汚泥についても汚泥肥料としてリサイクルに取り組んでおります。

 

1. 汚泥再生処理施設(平成16年3月竣工)

  • 標準脱窒素処理方式
    4倍希釈
    100kL/日
    (生し尿36kL/日 浄化槽汚泥64kL/日)
    下水道脱水汚泥 1.32t/日(含水率85%)

 

2.  施設の特色

  • 生活スタイルの変化に対応

    浄化槽汚泥の増加に対応して、多重円盤脱水機を導入。より効率の高い処理システムを構築しました。受入量・比率が大幅に変動しても、安定した高度な処理水質が維持できます。



    水質比較の写真

    <水質比較>

 

  • 良質の混合汚泥肥料を生産

    汚泥を価値ある資源に再生するために、内燃式炭化装置を導入しています。高温水蒸気の供給による高速炭化ですから安全で、肥料として良質の炭化物を生産できます。



    水質比較の写真

    <肥料登録証 / 袋詰めした炭化物>

 

  • きめ細かな環境対策

    リンや窒素成分の除去など放流水への配慮はもちろん、汚泥処理排ガスの清浄化システム・臭気対策など、きめ細かな環境対策を実施。さらには、太陽光発電(50kW)を行って創エネルギーにも取り組んでいます。



    水質比較の写真

    <環境モニタと太陽光発電モニタ>


    水質比較の写真

    <太陽光発電パネル>

 

  • 処理状況を厳しくチェック

    各処理プロセスの状況は、電子化された精密な測定装置で計測・記録。最新のコンピュータシステムで、より確実で効率のよい中央監視・制御を行っています。そのリアルタイムの状況は、環境モニターにも表示しています。また、試験室では別の角度からも水質分析を行い、処理状況を厳しくチェックしています。



    水質比較の写真

    <中央監視設備>


    水質比較の写真

    <水質試験室>

可茂聖苑について

可茂聖苑
所在地:美濃加茂市西町7丁目13番地 敷地面積:8,071m2
電  話:0574-26-2622


詳しくはこちらをクリック! ⇒ 【可茂聖苑 パンフレット】(654KB)

※ご利用の方は2.利用案内をご覧ください。

 

1. 施設概要

  • 昭和58年度従来の火葬場という暗いイメージを払拭し、故人をしのび人生終焉の儀式にふさわしい場として建設され、平成8年度には小動物(ペット類)のための小動物棟が建設されました。

    名称 可茂聖苑
    所在地 岐阜県美濃加茂市西町7丁目13番地
    施設の主な内容 火葬炉(8基)・告別室・告別ホール・収骨室・遺体安置室・待合ロビー・式場(洋室2室、和室2室)・動物炉(1基)
    施設面積 火 葬 棟:5942.75m2
    待 合 棟:599.83m2
    小動物棟:109.55m2

2. 利用案内

  • 各市町村役場にて火葬許可手続きと併せて可茂聖苑(火葬場)への予約手続きをしてください。
  • 霊柩車の手配は、業者へ直接申し込んでください。
  • 火葬許可証、可茂聖苑使用許可申請書及び使用料を必ず持参してください。
  • 可茂聖苑への到着時間を守ってください。
  • 火葬場としての秩序保持にご協力ください。
  • 小動物(ペット)の火葬についての受付時間は8:30~16:00です。
  • 小動物(ペット)死骸は直接可茂聖苑へ持ち込み、使用許可申請の手続きをしてください。
    (印鑑及び住所の確認出来る書類をご持参ください)
    (注)お骨は拾えません
  • 詳しくは、電話でお問い合せください。

3. 火葬料

  • 区分 単位 管内住民 管外住民
    12才以上 遺体1体につき 10,000円 20,000円
    12才未満 6,000円 12,000円
    死胎児 3,000円 6,000円
    産汚物 1件につき 3,000円 6,000円
    身体の一部 1件につき 3,000円 6,000円
    小動物死体 1件につき10kgまで 3,000円 6,000円
    1件につき10kgを超え25kg以下まで5kg増すごと加算する額 1,500円 3,000円

    動物の重量を算定する場合において、5kg未満の端数が生じたときは、これを5kgに切り上げる。

4. 施設使用料

  • 施設名 単位 管内住民 管外住民
    式場
    洋室1・2
    和室1・2
    通夜から告別式 60,000円 120,000円
    通夜のみ 30,000円 60,000円
    告別式のみ 30,000円 60,000円
    2時間以内 2,000円 4,000円
    待合室 和室1 2時間以内 2,000円 4,000円
    待合室 洋室2 2時間以内 2,000円 4,000円
    待合室 和室2 2時間以内 2,000円 4,000円
      1時間増すごとの加算額 1,000円 2,000円
    遺体安置室 24時間以内 3,000円 6,000円

    使用時間を算定する場合において、1時間未満の端数を生じたときは、1時間に切り上げる。

 

プリンタ用画面