し尿処理工程図 しにょう(うんちやおしっこ)をはこんできたバキュームカーのおもさを計ります。 うんちやおしっこを、バキュームカーから、しせつの中にうつします。 しにょうを、2しゅるいの微生物(びせいぶつ:目には見えないくらい、小さな生きもの)が食べることで、においなどがなくなっていきます。 しにょうの中のにおいなどがなくなり、水が少しづつきれいになっていきます。 微生物(びせいぶつ)がきれいにした水を、ためておくことで、しんでしまった微生物などが、汚泥(おでい:どろのようなもの)となって、下にたまっていきます。 目に見えないよごれをとりのぞきます。 汚泥(おでい)は、きかいに入れると、水がしぼられて、ねんどのようになります。 ねんどのようなかたまりになった汚泥(おでい)を、あたたかい風でかわかし、土のようにします。 土のような汚泥(おでい)をきかいの中でやいて、まっ黒な炭(すみ)にします。 きれいになった水を、木曽川(きそがわ)にながします。 すなや炭(すみ)のかたちになった汚泥(おでい)は、やさいや花のひりょうになります。 し尿処理フロー図