query

しつもんしゅう

しつもんしゅう ごみについてごみについて

ささゆりクリーンパークで「ごみ」をしょりしています。

どうして、ささゆりクリーンパークという名前になったのですか?

しせつのある森は、7月には、めずらしいささゆりの花がさきます。このささゆりの花がさき続けるように、かんきょうを守って、みんなが遊びに来たくなる、きれい(クリーン)で楽しい公園(パーク)のようなしせつにしたいという思いから、この名前がつきました。

いつごろから「ごみ」のしょりをしていますか?

昭和35年から「ごみ」のしょりをしています。げんざいは、平成11年3月にできた、ささゆりクリーンパークでしょりをしています。

お仕事をしている人数は何人ですか?

ささゆりクリーンパークでは、約100人が働いています。

広さはどれくらいですか?

ささゆりクリーンパークの広さは、30ha(ヘクタール)です。これは名古屋(なごや)ドーム6こ分の広さがあります。

どこから「ごみ」が運ばれますか?

美濃加茂(みのかも)市、可児(かに)市、坂祝(さかほぎ)町、富加(とみか)町、川辺(かわべ)町、七宗(ひちそう)町、八百津(やおつ)町、白川(しらかわ)町、東白川(ひがししらかわ)村、御嵩(みたけ)町の10市町村から運ばれます。

しせつが動いている時間はどれくらいですか?

毎日、夜でも「ごみ」をもやし続けています。1年に1回電気の点けんをする時以外は、お正月やクリスマスでも止まることはありません。ですので、工場で働く人は、昼と夜で交代しながらお仕事をします。

1日でどれくらいの「ごみ」が運ばれてきますか?

約150トンの「ごみ」が運ばれてきます。これはパッカー車の70台から80台分になります。

1日でどれくらいの「ごみ」をもやすことができますか?

1日で80トンの「ごみ」をもやすことができる焼却炉(しょうきゃくろ)が3つあり、1日で240トンの「ごみ」もやすことができます。(1トン=1,000キログラム)

「ごみ」はどれくらいの時間でしょりできますか?

「ごみ」が溶融(ようゆう)スラグになるまでの時間は、4~5時間です。

ようゆうスラグって何ですか?

「ごみ」をもやした後には、灰(はい)ができます。これを溶融炉(ようゆうろ)という機械の中に入れ、1,350℃の高い温度で、火山のマグマのようにドロドロにとかします。とけた灰(はい)を水で冷やすと小さく固まって、黒いすなができます。これを溶融スラグといいます。

1年間でどれくらいのようゆうスラグができますか?

約4,000トンの溶融スラグができます。

どんな「ごみ」が多いですか?

「ごみ」で一番多いのは「もえるごみ」です。その中でも「生ごみ」は、水を多くふくんでいるので一番重いです。ほかにも、まだまだリサイクルができる紙やプラスチックなどの「ごみ」が多いです。

「ごみ」が多く出るのは、いつごろですか?

「ごみ」が多く出るのは、7~8月の夏のころと、12月の「大そうじ」のころです。夏はスイカの皮など、「ごみ」の中の水分が多くなることや、12月には、「大そうじ」でいらなくなったものがたくさん出るので、「ごみ」が多くなります。

ささゆりクリーンパークでしょりできないようなものはありますか?

  • ばくはつしたり、固くて機械がこわれてしまうもの
    プロパンガスのボンベ、ボウリングの球、消火器、バッテリーなど
  • ささゆりクリーンパーク以外でリサイクルされるもの
    ペットボトル、はっぽうスチロールのトレー、かんでんちなど
  • 法律(ほうりつ:国が決めた約束)でリサイクルをする方法が、決められているもの
    エアコン、テレビ、冷ぞう庫、冷とう庫、せんたくき、衣類かんそうきなど
  • みなさんの町でうめたてするもの
    お皿、茶わん、花びんなどの陶器(とうき)は、ガレキとしてしゅうしゅうしうめたてます

※ほかにもダンボール、新聞紙、チラシ、牛にゅうパック、空き箱などの紙は、しげんかいしゅうなど、分けて集めるだけでリサイクルできます。アルミかんやびんも、しっかりと分ければしげんになります。みなさんの町のごみ出しのルールを調べてみましょう。

「ごみ」をしょりするときに工夫していることはありますか?

  • 機械をこわさない工夫
    ルールを守らずに、ガスボンベや、消火器などを出す人がいるので、みなさんが出した「ごみ」の中を、人の手でひとつひとつ調べてから、機械に入れるなど、じこが起きないようにがんばっています。
  • においを出さない工夫
    建物からにおいが出ないように、かんきせんのような機械で、建物の中の空気を全部すいとります。集めた空気は、「ごみ」をもやすときに使って、においをなくすことができます。
  • よごれた水を流さない工夫
    「生ごみ」から出たよごれた水だけでなく、パッカー車の中をあらうと、よごれた水がたくさん出ます。ささゆりクリーンパークの地下室には、よごれた水をきれいにする機械があり、くり返して水を使うことができます。この機械のおかげで、水を川へ流しません。
  • リサイクルする工夫
    ささゆりクリーンパークでは、かんやびんのリサイクルだけでなく、「大きなごみ」や「もえないごみ」を小さくこわし、鉄やアルミを取り出してリサイクルします。「リサイクルできなかったごみ」や、「もえるごみ」はしょうきゃくろでもやし、その熱を使って、電気を作ります。もえ残った灰(はい)は、溶融炉(ようゆうろ)を使って、溶融スラグにします。溶融スラグは道路工事用の材料としてリサイクルされます。
  • 公害を出さない工夫
    「バグフィルタ」や「触媒反応塔(しょくばいはんのうとう)」という機械を使って、空気をきれいにします。えんとつからけむりは出ません。灰(はい)は、溶融炉(ようゆうろ)を使って、溶融スラグにします。

働いている人たちは、どんなお仕事をしているのですか?

機械を動かすのはもちろんですが、毎日きれいにそうじをしてから機械が安全に動いているか音を聞いて、機械を使ってひとつひとつけんさしています。計画を立てて、機械の部品をこうかんし、こわれないようにしてます。
また、もやした空気や水は、きれいかどうかが見ただけではわからないので、けんさをしています。ほかにも見学されるみなさんの案内をすることも大切なお仕事です。

気をつけていることはありますか?

毎日じこがないように、安全に運転していることです。もし、じこが起きて機械が止まってしまうと、「ごみ」がしょりできなくなってしまいます。すると、みなさんの家や町が「ごみ」でいっぱいになってしまいます。みなさんの生活を守るために、毎日気をつけながら運転をしています。

お願いごとはありますか?

ごみぶくろの中に、「出してはいけないごみ」が入っていることがあります。そのまましょりしてしまうと、ばくはつしたり、機械がこわれてしまうようなものもありますので、約束を守って「ごみ」を出してほしいです。
また、食べ残しやスイカ・メロンの皮などの「生ごみ」には、多くの水があります。「もやすごみ」の半分は、実は水なのです。「ごみ」をへらすためにも、「生ごみ」は水を切って出しましょう。また、学校の給食や、家でのご飯を残さず食べることも大切なことです。

日曜日は見学できますか?

平日や、土曜日、日曜日は午前9時30分から午後4時まで、自由に入れますので、家族やお友達と見学しながら、リサイクルの勉強をしてくださいね。エコサイクルプラザのお休みは、火曜日と祝日(しゅくじつ)、年末年始です。

Page Top