可燃ごみ処理工程図 みんなの家から出たごみをごみしゅうしゅう車(パッカー車、トラック)にのせて、ささゆりクリーンパークまではこびます。 計量機をつかって、はこばれてきたごみのおもさを計ります。 プラットホームからごみピット(大きなごみばこ)へ、ごみをおろします。プラットホームの出入口では、エアカーテンという空気のかべを作って、たてものの中のにおいを外に出さないくふうをしています。 パッカー車からおろされたごみは、ごみピットにためられます。 ごみクレーンでごみをつかみ、ピットの中のごみをかきまぜたり、ごみホッパへはこびます。 ごみホッパへごみを入れると、じゅん番にごみが焼却炉(しょうきゃくろ)に入っていきます。 生ごみなどの、水をふくんでいるごみもあるので、もやす前にかわかします。 かわかしたごみを、850~950℃の高いおんどで、いきおいよくもやします。 ごみが灰(はい)になるまで、もやします。しっかりともやすことで、有害(ゆうがい:生きものやしぜんにとってよくないもの)なガスのはっせいをふせぐことができます。 生ごみなどの、水をふくんでいるごみもあるので、もやす前にかわかします。 ごみホッパへごみを入れると、じゅん番にごみが焼却炉(しょうきゃくろ)に入っていきます。 かわかしたごみを、850~950℃の高いおんどで、いきおいよくもやします。 ごみが灰(はい)になるまで、もやします。しっかりともやすことで、有害(ゆうがい:生きものやしぜんにとってよくないもの)なガスのはっせいをふせぐことができます。 ボイラの中は水がまわっていて、焼却炉から出たねつを、170℃まで下げます。このときに、蒸気(じょうき:水をわかしたときに出る、水気をおおくふくんだ空気)が作られます。 バグフィルタをつかって、すすやちりをとり出し、よごれた空気をきれいにします。目に見えない空気のよごれは、触媒反応塔(しょくばいはんのうとう)というきかいをつかって、さらにきれいにします。 きれいな空気が、えんとつから出ていきます。 灰(はい)やリサイクルできないガラスなどを、灰溶融炉(はいようゆうろ)へ入れます。 電極棒(でんきょくぼう:黒いえんぴつのしんのようなもの)に電気をながしてプラズマ(かみなり)をつくり、灰(はい)などを、マグマのようにドロドロにとかします。 電極棒(でんきょくぼう:黒いえんぴつのしんのようなもの)に電気をながしてプラズマ(かみなり)をつくり、灰(はい)などを、マグマのようにドロドロにとかします。 マグマのようにドロドロにとけた灰(はい)を水に入れると、はじけて黒いすなのような、あんぜんであんしんなスラグになります。 工場(こうじょう)にはこんで、すなのかわりに、コンクリートせいひんや、アスファルトのざいりょうなどにつかわれます。また、灰溶融炉(はいようゆうろ)のそこにたまった、きちょうなきんぞくも、大切なしげんとして、リサイクルしています。 ボイラでつくられた蒸気(じょうき)をつかってプロペラを回し、発電機(はつでんき)をうごかして、電気を作ります。 可燃ごみの処理フロー図