不燃ごみ処理工程図 ふくろの中に、ばくはつしたり、きかいをこわしてしまうような、あぶないごみが入っていないかどうかを、人の手でひとつひとつしらべます。 ストックヤードというごみおき場に、ごみをためます。 もえないごみをピット(大きなごみばこ)に入れます。 ピットに入れたごみをクレーンでもち上げ、コンベアにはこびます。 コンベアではこばれてきたごみを、破砕機(はさいき)でこまかくします。 こうそくでかいてんさせたハンマー(右のしゃしん)をたたきつけて、ごみをさらにこまかくします。 じしゃくをつかって、こまかくなったごみの中から、てつ、アルミをとり出します。 てつ、アルミは、再生工場(さいせいこうじょう)へはこばれて、くりかえし、ざいりょうとしてつかわれます。 不燃ごみ、粗大ごみの処理フロー図